【MT4とMT5】裁量トレードにオススメなのはドッチ?

 

  • 裁量トレードには、MT4とMT5どちらがオススメ?
  • MT4を使っているけど、何か問題があるの?

こんな疑問に答える記事です。

読者の方から「MT4とMT5どっちがいいですか?」と質問がきたので、チョイと記事にしてみました。
結論から先にいうと、裁量トレードをするのであればMT5でOK
というのも、スペックは圧倒的にMT5の方が上だからです。

ではなぜ、MT4を使っていたり、勧めたりする人がいるのか?
(実はボク自身も、MT4を併用しています)
この記事ではその理由を説明したいと思います。

ではさっそく見ていきましょう。

MT4とMT5の違い まとめ

下の表は、MT4とMT5を比較したものです。

  MT4 MT5
動作スピード 遅い 早い
時間足 9種類 21種類
気配値・ウィンドウ 普通 わかりやすい
カスタムインジケーター 豊富 並み(増えてきている)
EAの種類 豊富 少ない
バックテスト 遅い 早い
ストラジ―テスター 普通 使いやすい
アップデート 2017年終了 随時

それぞれどのような違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

動作スピード

動作スピードは、トレードをするうえでとても重要なポイントです。

なぜなら約定のタイミングがズレると、トータル成績にも大きく影響するから。
とくにスキャルピングをメインにしているトレーダーであれば、約定スピードの遅さは致命的でしょう。

この動作スピードにおいては、MT5のほうがサクサク動きます
よく考えたら当然のことで、MT4は10年以上前のプログラムで作られたものですからね。
一度でもMT5を使ってしまうと、MT4のモサモサぶりにイライラするかも。

時間足表示

表示できる時間足は、MT5のほうが12種類も多いです。
MT5では標準の時間足に、より「細かい時間足」が実装されたといった感じですね。

MT4
  • 1分足・5分足・15分足・30分足
  • 1時間足・4時間足
  • 日足・週足・月足
MT5
  • 1分足・2分足・3分足・4分足・5分足・6分足・10分足・12分足・15分足・20分足・30分足
  • 1時間足・2時間足・3時間足・4時間足・6時間足・8時間足・12時間足
  • 日足・週足・月足

上記のようにMT5では、より細かい時間足の分析が可能になりました。
まー、トレーダーによっては必要ない部分かもしれません。
(ボクも標準的な時間足があればOKだし)

気配値・ウィンドウ

気配値が表示されるウィンドウも、MT5は非常に見やすく、使い勝手もよくなっています。

MT4では『通貨ペア』『ティックチャート』の2つが見られました。
MT5ではそれに加え、『詳細』『プライスボード』がタブを選択するだけで、見られるようになりました。

詳細タブでは、選択した通貨ペアの細かい情報を見られます。
直近高値や安値、直近価格などの詳細な情報が、すぐにわかるようになっています。


プライスボードは、登録した通貨ペアをワンクリックで注文できる便利な機能
画面自体も視覚的に見やすく、素早い注文にもってこいです。

カスタムインジケーター

カスタムインジケーターは、MTの特徴のひとつ。

このカスタムインジケーターでは、MT4の方がまだまだ多いのが現状です。
今までMT4でカスタムインジケーターを使っていた場合は、MT5では対応していない場合があるので、要注意ですね。

ボクが目線の固定にオススメしている『SwingHL-mesen』も、残念ながらMT4でしか使えません。

ただし通常のインジケーターに関しては、MT5もかなり充実しています。
「基本的なインジケーターがあれば十分」という人は、MT5で問題ありません。

EAの種類

MTの最大の特徴といえば、EA(自動売買)ではないでしょうか。

EAに関していえば、MT4の方がダントツの種類を誇っています。
アナタがもし、EAを使ったトレードをしたい場合は、MT4を使ったほうがいいでしょう。
ボクもMT4をまだ使っているのは、このEAがあるからです。

また残念なことに、MT4とMT5の互換性がありません
MT4で愛用しているEAがあるなら、なおさらMT5への移行は厳しいかもしれませんね。

バックテスト

バックテストは、EAの検証を行う機能のことです。
過去の取引データを取り込んで、EAの性能をチェックできます。

このバックテストにおいては、MT5の方が圧倒的に上

バックテストのスピードや、複数の通貨ペアを同時に検証できる機能など、明らかにMT5が勝っています。

ただEAを使っていないトレーダーからすると、「ふーん」ぐらいでしょうけど・・・

ストラテジーテスター

ストラテジーテスターも検証をする際に利用する機能です。

過去チャートを使って、トレード手法やEAの検証ができます。
こちらもMT5のほうが情報量も増え、使いやすさも格段にアップしています。

アップデート

MT4のアップデートは、2017年で終了しました。
また公式のHPからのダウンロードも終わっています。
一方、MT5は今でも随時アップデートされています。
このことからも、今後はMT5に移行されていくことは明らかでしょう。

MT4を使っているけど、MT5に移行する必要はある?

今現在MT4を使っていて、MT5に移行するかどうか悩んでいる人もいるかもしれませんね。

基本的には以下の2つがポイントになるかと思います。

  • EAを使っているのか?
  • カスタムインジケーターを使っているのか?

上記2つが該当する場合は、現行のままのほうがいいと思います。
というのも、MT4で使っていたEAやカスタムインジケーターが使えなくなるからです。
仮にMT5で同じ機能のEAやカスタムインジケーターがあっても、また買い直す必要があるかもしれませんしね。

一方、標準的なインジケーターだけを使っている方であれば、MT5に移行して問題ありません
というより、サッサと移行しちゃいましょう。

まとめ 結局MT4とMT5 どちらがオススメ?

ここまでMT4とMT5の違いを説明してきました。

下記の条件に当てはまらなければ、MT5で問題ないでしょう。

MT4を利用する場合
  • MT4で使っているEAがある
  • MT4で使っているカスタムインジケーターがある
  • 使おうとしているEA/カスタムインジケーターが、MT4にしか対応していない
  • FX会社がMT5に対応していない

アナタがもし裁量トレーダーであれば、MT5でほぼ事足りるはず。
よっぽど使いたいカスタムインジケーターがあれば別ですが、基本的なインジケーターはそろっています。
サクサク動く環境でトレードしたい人には、MT5がオススメです。

MT5に対応しているオススメの海外FX会社 XM Trading

ボクも使っているオススメのFX口座 XM Trading

  • 豊富な入金ボーナス!
  • 最大レバレッジ888倍で効率的に稼ぐ!
  • ゼロカットシステムで資金がマイナスにならない!
The following two tabs change content below.

川西 能司

川西と申します。 トレード歴10年目になるトレーダーです。 数々の失敗・挫折を繰り返し、今ではラインを活用したシンプルなトレードに落ち着いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。