もうトレードで迷わない!ダウ理論の活用法

あなたもエントリーした瞬間、相場が反転したという経験をお持ちではないでしょうか?
そう、まるで誰かが後ろで見ているかのように…

価格が上昇しているから「買う」、あるいは下降しているから「売る」というのは間違いではありません。
しかしそれは、あなたがしっかりとしたトレードルールを持っている場合です。
もし、あなたが目先の動きについていく『勘』に頼ったトレードをしているのであれば、勝ち続けることはできません
安定した成績を残すのには、相場の分析やエントリー方法に『基準となるもの』が必要です。

そこでオススメしたいのが『ダウ理論』です。

ダウ理論は多くのトレーダーが意識しているので、それだけ相場に影響しやすいといえるでしょう。
なにより「今は買う相場なのか、売る相場なのか」という目線が固定されるため、値動きにアタフタしなくなります。

この記事では、ダウ理論の基本から使い方までをわかりやすく解説しています。

きっとあなたも記事を読むことで、値ごろ感トレーダー』から卒業できるはずです。

それではさっそく見ていきましょう。

1.ダウ理論とは

ダウ理論とは、19世紀後半にアナリストとして活躍したチャールズ・ダウという方が提唱した理論です。
現在では色々なチャート分析方法が編みだされていますが、多くはこのダウ理論に影響を受けているといえます。

つまり『相場理論の元祖』といえるでしょう。

市場に参加しているトレーダーのほとんどが、このダウ理論を意識しています。

1.1 なぜダウ理論なのか

なぜ、ダウ理論なのでしょうか?

実に多くの分析方法があるなかで、ダウ理論が一番大切なのには理由があります。

それは、ダウ理論の基本的な考え方です。

 

ダウ理論には6つの基本原則があり、そのなかの一つに『平均はすべての事象を織り込む』というものがあります。
相場を動かす要因には、ファンダメンタルやテクニカル的な動きなど多くの理由があります。
それらの要因すべてが含まれて、価格(チャート)に反映されているということです。

カンタンに言えば、「チャートがすべてを物語っている」といえるでしょう。

ですから、極論をすれば「FXはチャートを見れば分析できる」ということです。
この考え方がなければ、チャート分析(テクニカル分析)は成り立ちません。
だから、多くの投資家がダウ理論を重要視しているのです。

ダウ理論は基本的にこのような考え方に基づいていますが、
そもそもダウ理論って正しいの?」と思いますよね?

実はダウ理論が正しいかどうかはたいして重要ではありません。
なぜなら、相場は『多数決の原理で動いている』からです。

例えば、価格が上昇するのは『上にあがる』と考えているトレーダーが多いからです。
下降する場合も同じ。
これと同じように、ダウ理論が正しいと考えている人が多いほど、それは有効です。

仮にダウ理論がどれだけ正しくても、誰も意識していなければ、価格が動くことはありませんよね?

結論をいえば、「ダウ理論が正しいのではなく、ダウ理論が正しいと思う人がいるから正しい」のです。
これは他のテクニカル分析やファンダメンタル分析にも当てはまります。

その中で私がダウ理論をオススメするのは、

  1. 多くのトレーダーが意識しているので優位性がある
  2. 値動きが全てであり、余計な情報は必要ない
  3. 初心者にも取り入れやすい

上記3点からです。

他のテクニカル分析でもかまわないのですが、あまりに多くの手法があり、同じ分析方法で見ているトレーダーがどれだけいるかもわかりません。

一方でダウ理論は、FXをしているトレーダーのほとんどが知っており、機能しやすいというメリットがあります。
また、ファンダメンタル分析はデイトレードのような短い時間では活用が難しいのではないでしょうか?

ですから、FX初心者にはまずダウ理論によるチャート分析をオススメします。

2.ダウ理論6つの基本原則

ダウ理論には次の基本原則があります。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確なシグナルが発生するまで継続する

上記6つの基本原則は、いずれも欠かせません。

ひとつずつ丁寧にみていきましょう。

2.1 平均はすべての事象を織り込む

平均はすべての事象を織り込む」とは、価格に変動を与えるあらゆることは、すべて価格に反映されているということです。

たとえ私たちがニュースサイトやアナリストの分析などで情報を仕入れても、そもそも「チャートがすべてを教えてくれている」ということですね。

FXの値動きは、経済情勢や政治的な要因など様々なものが影響します。
ファンダメンタルでトレードするには、それらの情報を分析し売買しなければなりません。

しかも、それは日々刻々と変化します。

つまりファンダメンタル分析では、日々の値動きをつかめないのです。
また、ファンダメンタル要因が価格に与える影響には、以下のような動きがあります。

  1. 好材料(いいニュース)→価格上昇
  2. 悪材料(悪いニュース)→価格下落
  3. 好材料(いいニュース)→価格下落
  4. 悪材料(悪いニュース)→価格上昇
  5. 材料なし→価格上昇
  6. 材料なし→価格下落

結局、どっちに動くかよくわかりませんよね?

例えば、数年前のアメリカ大統領選では、トランプ氏が大統領になる(悪いニュース)と大幅な円高になる可能性が高いといわれていました。

しかし、フタを開けてみれば大きく円安と傾きました。

後日、ニュースやアナリストが語るには、トランプ大統領の改革に期待したから上がったとのことでしたが、実はチャートを見ていれば、反転する根拠(押し安値・100円という節目・下位足ダブルボトム)があるポイントだというのがわかります。

つまりは、大統領が誰になるかは関係なく反転する可能性が高いポイントであったことをチャートはすでに教えてくれていたということです。

このように、チャート上の値動きだけを分析して、現在の相場の流れを読み取ったほうが簡単です。

テクニカル分析というのは、この「平均はすべての事象を織り込む」という考え方に基づいているということを覚えておいてください。

2.2 トレンドには3種類ある

トレンドには、次の3種類があります。

  1. 主要トレンド・・・一年以上、時には数年間にも及ぶ長期トレンド
  2. 二次的トレンド・・・3週間から3ヶ月程度継続する中期訂正トレンド
  3. 小トレンド・・・一般に寿命が3週間未満程度の短期トレンド

相場は複数の時間足で構成されており、それぞれの時間足ごとにトレンドをもっています。

よくFXのサイトなどで「200日移動平均線」を表示させているのを見かけますが、これも中・長期のトレンドを把握しておこうという考え方からだと思います。

私自身はデイトレーダーなので、年や月単位のトレンドをそこまで意識していませんが、週足・日足のトレンドは確認するようにしています。

大切なのは、自分が見ている時間足だけではなく、複数の時間足で波が作られているのを意識することです。
自分が見ている時間足で上昇トレンドが発生していても、実は大きな時間足で見るとただの戻りの局面だったということはよくあります。

そして、そのようなケースでいつまでもポジションを保有して、利益を減らしたり、急な反発にあったりするのです。
ただし、複数の時間足のトレンドがそろうことは、そんなに多くはありません。

いつもどこかの時間足が逆行しています。

ですから、

  1. 見ている時間足のトレンドに逆らわないこと
  2. 見ている時間足のひとつ上の時間足を意識すること

上記2点を守るだけでもトレードが安定してきますよ。

2.3 トレンドは3段階からなる

この「トレンドは3段階からなる」というのは、相場におけるトレーダーの心理と行動をうまく表しています。

3段階とは次のとおりです。

  • 第1段階:先行型投資家の買い集めの段階
  • 第2段階:トレンドを認識した投資家の参入段階
  • 第3段階:トレンドがまだ続くと思っている投資家の参入。第1、2段階の投資家は決済、また反対売買が入ってくる段階

【第1段階】
それまでの流れに勢いがなくなり、トレンドが転換すると判断した投資家が参入してくる。
ただし、この段階ではまだトレンドが転換したとはいえず、俗にいう『逆張り
確かに利益は最大限見込めますが、初心者のうちは見送ったほうがいいでしょう。

【第2段階】
はっきりとトレンドが転換したと判断できる状況です。

一般投資家たちも参入してくるので、大きく伸びやすいという特徴があります。
トレンドフォローに徹すれば、比較的勝ちやすい局面であり、利益もだしやすいといえます。
エントリーも分かりやすいので、『順張り』で積極的に狙っていきたいポイントですね。

【第3段階】
この段階にくると、何も知らないトレーダーたちが「まだトレンドは続く」と判断して支えられている状況です。
しかし、逆張りで仕掛けた投資家や第2段階で参入した投資家たちは決済のタイミングを見ている段階でもあります。

つまり、いつ急落してもおかしくない段階です。

この第3段階でエントリーするのは間違いではありませんが、トレンドの終わりが近づいているかもと意識しておくことが大切です。
そうすることで、ポジションを保有していてもすぐに決済する準備ができます。

投資家たちは、このような目線でトレンドを見ているということを覚えておいてください。
トレンドには3段階あると意識できれば、プロの投資家と同じ目線で相場に向き合えます。

2.4 平均は相互に確認されなければならない

19世紀後半には、FXはまだ存在していませんでした。

そこで『相互』を現代に置き換えてみると、「トレンドは複数の指標で確認されなければならない」といったところだと思います。
例えば、移動平均線のみでトレンドを判断するのではなく、オシレーター系でもトレンドを判断する必要があるということです。

このように複数の指標でトレンドが確認できたとき、エントリーをすれば勝ちやすくなります。
ただし、指標をたくさん表示する必要はありません。

判断する材料が多すぎると迷ってしまうからです。

ですから、移動平均線などのトレンド系とMACDなどのオシレーター系をひとつずつぐらいで確認できればいいと思います。

2.5 トレンドは出来高でも確認されなければならない

出来高というのは株の世界の話で、FXに『出来高』という概念はありません。
では、FXではどのように考えたらいいのでしょうか?

FXで『出来高』というのは、投資家の行動や心理状態を表しているといえます。
例えば、上昇トレンドが終わりだと投資家が判断すれば、買い控えが入り、出来高が減少し、価格の伸びに勢いがなくなります。

つまり、トレンドは続いていても、それまでの勢いがなくなり、出来高(勢い)が減少するということです。
先ほどの例で説明すると、第3段階(黄色)に入ってくると、トレンドは終わっていませんが、価格の上昇に勢いがなくなっていますよね。

2.6 トレンドは明確なシグナルが発生するまで継続する

ダウ理論のなかでもっとも有名なのが、この原則です。

では、明確なシグナルとはいったいどういうことなのでしょうか?

上昇トレンド・・・高値・安値を切り上げている状態
下降トレンド・・・高値・安値を切り下げている状態

ということは、上昇トレンドであれば【高値・安値が切り下がったとき】にトレンドが終了した明確なシグナルといえます。

下降トレンドの場合は逆ですね。

ただし注意が必要なのは、トレンドが終了したとしても、「買い・売り」の目線まで変更するポイントとは限らないということです。

上昇(下降)トレンドが発生したと思ってエントリしたら、反発して痛い目にあった経験はありませんか?

それは「押し安値・戻り高値」が抜けていない可能性があるからです。
なぜならダウ理論では、押し安値・戻り高値を抜けて初めて目線の変更となるからです。

上図の場合だと、高安値を切り下げて下降トレンドが発生したとしてもオレンジ丸の押し安値2を抜けるまでは買い目線は継続しているということです。


この「トレンドは明確なシグナルが発生するまで継続する」という考え方は非常に大切ですが、「押し安値・戻り高値」を意識してチャートを分析すれば、あなたのトレーダーが劇的に変化するはずです。

3.ダウ理論のメリット・デメリット

トレードに有効なダウ理論ですが、当然メリットもあればデメリットもあります。
ダウ理論のメリット・デメリットを知り、うまくトレードに活用していきましょう。

3.1 ダウ理論のメリット

ダウ理論の最大のメリットは『目線が固定』できる点にあります。

ダウ理論では、目線の切り替えを【押し安値・戻り高値】で判断します。

例えば先ほどの例でいえば、押し安値を抜けない限りは、買い目線が続きます。
つまり、押し安値を下に抜けるまでは『買い目線で固定』できるということです。

このように目線を固定することで、目先の値動きにアタフタせずに、一方向のみに集中できます。
もちろん目線を固定すると、反対の動きを狙うことはできませんが、FX初心者の方は落ち着いてチャートを見られるようになるはずです。

押し安値・戻り高値とは?
本記事では、押し安値と戻り高値を次のように定義しています。

  • 高値を更新した波の安値を「押し安値」
  • 安値を更新した波の高値を「戻り高値」

下図をご覧ください。

直近高値を更新したことで、押し安値ができ上がりました。
後は押し安値を抜かれるまで、買い目線で固定していくことになります。
仮にこのまま高値を更新すると押し安値の位置も変わります。

ただし相場はいつもこのように動いてくれるとは限りません。
高値(安値)を更新できないこともよくあります。
その場合は、押し安値(戻り高値)は移動せず、ただの安値(高値)ができます。

また、上記のようなケースの場合に高安値を切り下げてきて、「トレンドが発生した」と判断してエントリーする人もおられるのではないでしょうか?

このようなケースで、『売り』でエントリーするのも決して間違いではありませんが、ダウ理論では押し安値を抜けていないので、まだ目線は『買い』です。

このような動きは実際の相場でもよく見られます。

ダウ理論を理解し、押し安値が抜けていないことを知っていれば、買い目線の投資家が多いことを想定できます。

つまり、売りポジションを保有していても逃げる準備ができるということです。

ただし、FX初心者にオススメするのは、あくまで押し安値・戻り高値での目線の切り替え。
まずは目線を固定して、エントリーしていくことを心がけましょう。

3.2 ダウ理論のデメリット

ダウ理論の1番のデメリットは、『シグナルが遅すぎる』ことです。

下のチャートをご覧ください。

ダウ理論では、押し安値・戻り高値で目線を固定します。

例えば上のチャートでは、画面左側の戻り高値を抜けて上昇トレンドが始まりました。

そこから『買い』に目線を切り替えます。

上昇トレンドが始まって、最高値の数字7で決済すれば大きな利益ですが、それは後から分かることですよね?

実際に動いているチャートでは、どこが天井かわかりません。

ですから買い目線が続く限りは、ポジションを保有しておくというのが一つの考え方です。
その場合は、押し安値を下に抜けるまでポジションを保有するので、上の例でいえば数字6の箇所です。

つまり、6から7の部分は獲れません。

これは上昇トレンドが始まる前も同じです。
戻り高値を抜けるときに大きく上昇していますが、これも獲れません。

このようにダウ理論による目線の切り替えでは、『頭と尻尾はとれない』という欠点があります。
トレードルールを調整することにより、ある程度の改善はできますが、どんなシステムやツールでも、メリット・デメリットがあるということを覚えておいてください。

大切なことは『わかるところだけトレードする』ことです。

そうしないと「もっといい手法があるのではないか」と、いつまでも手法ばかり探すハメになります。

4.ダウ理論で優位性のあるトレードをする方法

ダウ理論では押し安値・戻り高値で、目線を切り替えることはご理解いただけたかと思います。

このダウ理論を複数足で見ることにより、トレードはさらに優位性が増します。

例えば、1時間足チャートでダウ理論上「売り目線」とします。

仮に日足や4時間足が同じように「売り目線」であれば、それだけ売りで仕掛ける投資家が多くなるということです。

つまり、「買うより売るほうが優位性はある」ということです。

実際にチャートで確認してみましょう。

上図は、日足のチャートです。
何度も上を目指していますが、戻り高値(黄色線)は抜けていません。

つまり、売り目線です。

続いて、1時間足チャートを見てみます。

1時間足では、戻り高値を抜けて買い目線。
日足と目線が一致していません。
この状況では、売り買いどちらに優位性があるかわかりません。

そのため目線が一致するのを待つ必要があります。

1時間足で押し安値を抜けて売り目線となりました。
これで日足と目線が一致するので、売りで仕掛けることに優位性があることになります。

細かいエントリールールは省きますが、売りに優位性がある環境で、移動平均線を下抜いたり、MACDがデッドクロスしたりすれば、さらに優位性が上がると思いませんか?

この後のチャートは以下のとおりです。

このようにダウ理論で目線を固定して、複数の環境をチェックすれば、優位性の上がるポイントがわかります
ポイントがわかれば、後は自分のエントリー手法で仕掛けるだけです。

待つのも相場」とはよくいわれますが、この『待つトレード』ができるようになります。

当然相場ですから、反対の動きになってしまうこともあるでしょう。
しかしながら、売り買いどちらに優位性があるのかわかっているわけですから、落ち着いてチャートを見ることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

本日のまとめです。

【ダウ理論とは】

  • 相場理論の元祖
  • 多くのトレーダーが意識している
  • 「チャートが全て」と定義している

【ダウ理論6つの基本原則】

  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドには3種類ある
  • トレンドは3段階からなる
  • 平均は相互に確認されなければならない
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確なシグナルが発生するまで継続する

【ダウ理論のメリット・デメリット】

  • ダウ理論で目線が固定できる(メリット)
  • ダウ理論はシグナルが遅い(デメリット)

【ダウ理論で優位性のあるトレードをする方法】

  • ダウ理論で複数の環境をチェックしよう
  • 上位足と目線がそろうと優位性が上がる

優位性のあるトレードをおこなうためにもダウ理論は重要です。

ぜひデモトレードで検証を重ねて、あなたのモノにしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です